スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MISHIMAワークショップ・プロジェクトVOL.2「葵上」「卒塔婆小町」出演のお知らせ

mishima223.gif


【作】 三島由紀夫 
【演出】 流山児祥

【出演】木内尚 鈴木麻理 山下直哉 荒木理恵
    石田暁子 川島有未 小島恵子 後藤英樹
    惟葉しゅう 阪口美由紀 清水明子 惣三郎

『葵上~AOI NO UE~』

昭和30年初演。舞台は夜の精神病院。若林光の妻の葵は病で入院している。その葵の病床に毎夜通う六条康子の姿があった。それは六条康子の生霊 (いきりょう)。光が見舞いに訪れた時、康子が現れ光の気持ちを自分のほうへ向けようとする。病室から湖上のヨットへと場面を変わり、妻の葵のことを忘れさせようとする康子の不思議な力。 康子の不思議な力に引きずられて光は・・・?

『卒塔婆小町 ~SOTOBA KOMACHI~』

昭和27年初演。舞台は恋人たちが抱擁を交わす夜の公園。 おぞましき乞食の老婆が煙草の吸殻を拾いつつ登場し恋人たちを追い払い、ベンチを陣取る。そこへ酔っ払いの詩人が現れ、老婆に素性を問い掛ける。99歳の老婆は「むかし小町と呼ばれた女さ」「私を美しいと言った男はみんな死んじまった。私を美しいという男は、みんな死ぬんだ。」と答える。いつしか場面は100年前の鹿鳴館の時代へと変わり、舞踏会とシーンになる。老婆は 、そして詩人は・・・・。

「MISHIMAを楽しむ!楽しいMISHIMA?」流山児祥

流山児★事務所が挑む三島由紀夫の劇世界:第2弾。MISHIMA WORLDは「世界演劇の地平」にある。2007年から始めたMISHIMAワークショップ・プロジェクトは舞台芸術を志向するモノの「原点」を確認する作業現場である。劇団員に加えてワークショップメンバーと共に三島の名作=近代能楽集のテキストを徹底的に読み込み、コトバとカラダの視点から作り上げるNEW MISHIMA WORLDです。演劇の歴史性・文学性・身体性のすべてを孕む三島戯曲との格闘は日本コンテンポラリードラマの過去・現在・未来をつなげる。半径3メートルの日常を描く、いま「ある」小さな表現から遠くはなれ 「大きな物語」を生み出す協働作業。そんな《演劇の冒険》を楽しみながら《旅》する試み。『葵上』『卒塔婆小町』は戦後演劇の最高峰と呼ばれている名作、ともに男女の「愛と美と死」の残酷さが描かれている。で、合言葉は「MISHIMAを楽しむ!楽しいMISHIMA? 」
(公式サイトより)

公演日程 2010年3月18日(木)~21日(日)
開演時間 18日(木)19:00
     19日(金)19:00
     20日(土)15:00 / 19:00
     21日(日)15:00
公演会場 Space早稲田(東京メトロ東西線早稲田駅から徒歩1分)
チケット 一般3,000円  学生割引 2,500円 (日時指定・自由席)

詳細は流山児★事務所公式サイトへ   
関連ページはこちら 

ご予約の際には「阪口のブログで見た」とお伝えいただけるとありがたいです。

ご予約お問い合わせは阪口までお気軽にどうぞ。
メール: sk_miyuki@excite.co.jp  

メインブログはこちらです。

「「葵上」「卒塔婆小町」」 (流山児★事務所) の感想・チケット・詳細情報なら演劇ライフ
スポンサーサイト

プロフィール

50歳で早期退職をして演劇中心の生活をしています。稽古や公演、観劇、映画、読書、基礎体力作りなどをつらつらと。

Author:DRAMAfrom50
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

BlogPet

フリーエリア

Amazon

フリーエリア

gooあしあと

QRコード

QRコード

BloMotion

サンプル・イベント・モニターならBloMotion

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。